キャッシング比較

キャッシングの増枠は簡単にできる?

キャッシングでは契約時に必ず限度額を設定されます。
しかし、初回の契約時の限度額は50万円以下のケースがほとんどとなっており、人によっては足りないと感じてしまうこともあるかと思います。

 

しかし、限度額は初回契約時のままずっとというわけではなく、増枠してもらうことが可能なのです。ではキャッシングの増枠は簡単にできるのでしょうか?

 

増枠にかかる時間は?

増枠にかかる時間は各社によっても違ってきますが、手続き自体にかかる時間はそれほどかからないようです。電話だけで手続きが可能なところもあれば、WEBの会員ページから手続きできるようなシステムをとっているところもあります。

 

しかし増枠には必ず審査があります。
キャッシングの審査というと、多くのところでは即日審査・即日融資が可能なので、増枠も即日で完了するのでは?と思われるかもしれませんが、増枠の審査には2〜3日など時間がかかるのが一般的です。

 

増枠するための条件とは?

増枠は頼めば誰しもが可能なものではなく、それなりの利用実績がなければ増枠することはできません。金融機関側としては、よく借りてよく返してくれるような方に対してはもっとお金を借りて欲しい、と思うものです。

 

返済が遅れていたりなど信用度の低い方に対してはもっと貸したいとは思いませんよね?
そのため増枠には一般的に以下のような条件が必要となってきます。

 

6ヶ月以上の利用実績

増枠は新規契約してすぐにはできません。
増枠してもいいという信用が足るだけの利用実績を積むことが必要です。

 

一般的に、増枠には6ヶ月程度の利用実績が必要と言われています。
契約をして6ヶ月経てばいいというものではなく、その間利用を続けてコツコツと返済を続けていることが必要です。

 

キャッシング会社によっては半年程度の利用でキャッシング会社側から増枠についての案内がくるところもあります。

 

返済の遅れなどがない

利用実績のなかで、返済の遅れなどが一度でもありますと増枠は厳しいです。

 

他社借入が増えていない

利用の間に他社借入件数が増えているのはマイナスです。
増枠審査の際には信用情報機関を通して信用情報の照会をしますから、他社借入が増えていればすぐにわかってしまいます。

 

住所変更など変更の届出をきちんと出している

住所や勤務先など、変更がある場合にきちんと届け出を出しているかどうかも増枠審査のポイントになってきます。変更がなければ問題はありませんが、例えば仕事が変わっていれば年収や他の条件も違ってくるわけですし、また連絡先が変わっている場合には万が一延滞などなった場合に連絡がとれなくなってしまいます。

 

そのため変更の届出は怠ることなく行いましょう。

 

増枠するつもりが減額になることも

増枠するつもりで申し込みをしたものの、審査の結果によって減額になってしまうというケースもあります。増枠は手続き自体は簡単なものですが、実際増枠してもらうにはきちんと審査があり、決してハードルの低いものではありません。

 

増枠の際にはその心算で申し込みを行いましょう。