キャッシング比較

収入がなくてもキャッシングはできる?

収入がなくて困っている時ほどお金が必要かと思いますが、収入がない場合には基本的にキャッシングはできません。キャッシングの審査では返済能力の有無を重視しています。

 

融資する側としても、貸したお金を返してもらえる見通しの立っていない人にお金を貸すようなことはありません。そのため、ほとんどのキャッシング会社では収入のない方にお金を貸してくれることはないでしょう。

 

無職でもお金を借りられる可能性があるのは専業主婦の方くらいです。

専業主婦の方は自分自身は無職で収入はありませんが、配偶者に安定した収入があれば借入できるケースがあります。

 

多くの消費者金融では現在では専業主婦への貸付け自体をしていないのですが、銀行カードローンのなかには専業主婦の利用が可能なものがいくつかあります。限度額は30万円〜50万円程度の小口融資が基本ですが、収入の無い専業主婦でもお金を借りることは可能です。

 

では普通に収入のない方がお金を借りたいという場合にはどうしたらいいのでしょうか。
その場合にはやはりまず申込者本人に収入がないことには審査に通らないわけですから、アルバイトやパートなどを始めるというのが一番近道と言えるでしょう。

 

お金を借りるために仕事をするというのも変な話ですが、結局のところキャッシング利用のためには本人に収入があることが大前提なわけです。審査に通らないという話だけでなく、そんな状態でお金を借りたとしても返済能力がなければ本人にとって負担になってしまうだけですから、まずは収入を得ることからはじめましょう。

 

とはいえ、アルバイトやパートを始めればすぐにお金が借りられるかというとそうというわけでもありません。キャッシング審査では勤続年数も審査項目となっています。一般的には3ヶ月未満だとまず審査に通らないと言われていますが、せめて6ヶ月以上の勤続年数は欲しいところです。逆に言えば、このくらいの信用度が最低限なければお金を借りることは難しい、というわけです。