キャッシング比較

カードローンとキャッシングの違いは?

現在ではカードローンとキャッシング、どちらも同じような意味合いで使われていると思っていただいて問題無いですが、もともとは少し違う意味のサービスのことを指していました。

 

キャッシングは基本的に翌月一括払いの小口融資

キャッシングはクレジットカードであったりキャッシングカードであったりを利用してキャッシュディスペンサーからお金を引き出すことのできるサービスです。

 

短期で借りる小口融資であり、返済方法は翌月一括払いが一般的となっています。

翌月の返済日までに借りたお金+利息を全額支払う形になります。

 

一括払いであるためあまり高額な借入はできませんし、また一回で支払う返済額が大きいというデメリットがありますが、完済までにかかる日数が少なくて済むので返済の見通しが立てやすいのと余計な利息が発生しないというメリットもあります。

 

カードローンは高額融資も可能な分割払い

カードローンもキャッシング同様、クレジットカードやキャッシングカード、またローンカードなどを利用してキャッシュディスペンサーなどからお金を引き出すことのできるサービスです。

 

キャッシングとの違いは限度額の高さと返済方法でしょうか。

カードローンの限度額は高いものですと銀行カードローンでは1,000万円、消費者金融でも800万円となっており、キャッシングと比べて高額融資も可能なのが特徴です。

 

また返済方法は分割払いが一般的であり、高額な借入でも毎月無理のない返済額で返済をしていけます。しかしその分デメリットとして、返済期間が長くなりその分支払うこととなる利息額が増えるので、完済までにかかる支払総額が増えやすいという点が挙げられます。

 

このようにキャッシングとカードローンにはもともとの意味では違いがあるわけですが、現在ではキャッシングと呼ばれているものでもリボ払いのものがあったりしますのでその線引きはあいまいです。

 

銀行カードローンは「カードローン」ですが、消費者金融の場合には「キャッシング」「カードローン」どちらの呼び方も使われることがありますし、基本的には同じような意味のものだと考えておいていいでしょう。ただし、利用の際には返済方法がどうなっているのか?その点には注意してみてください。